『 教えてタモちゃん!合理的配慮ってなに? 』

9/5(火)夜の部、9/6(水)昼の部で『おしえてタモちゃん!合理的配慮ってなに?』DVDの鑑賞会が行われました。このDVD 日頃、我々にとっては何でも無いことが障害者の方々にとっては、不便、困難になっているという事が良くわかる内容であったと思います。色々な場面(エレベーター・駅のホーム・職場 等)が映し出されていました。鑑賞後、一人一人感想を出し合いました。その中でも特に差別。そして、法律が出来たとしても、事業主(会社)が分かっているだけではだめ。実際はろうあ者のいる現場の人々が理解し、合理的配慮が行わなければ意味がないのでは??? 等の感想が多く出ました。
『合理的配慮』とは
障害のある人が、日常生活や社会生活を送る上で妨げとなる社会障壁を取り除く為に、状況に応じて行われる配慮の事。
例えば、筆談や読み上げによる意思疎通、車いすでの移動手助け、学校公共施設等のバリアフリー化など過度の負担にならない範囲で提供されるべきものをいう。
(合理的配慮をしないことは、障害者差別解消法で禁じられている差別にあたり、行政は義務・民間事業者は義務ではないが努力しなければいけないそうです。)               
✍:桜&勝

コメントをどうぞ

Count per Day
  • 35現在の記事:
  • 126071総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 490先週の閲覧数:
  • 754月別閲覧数:
  • 57176総訪問者数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 31昨日の訪問者数:
  • 344先週の訪問者数:
  • 539月別訪問者数:
  • 47一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年2月17日カウント開始日: