Author Archive

ニュースを見て

先日の総会おつかれさまでした。

ゴールデンウィークでサークルも休みが続いていますが皆さんいかがお過ごしですか?

休みを満喫している方 仕事だよという方 旅行してきたよ という人もいるのかな?

旅行 で思い出すのが、韓国の修学旅行正を乗せた旅客船が転覆した事故、TVで見るたびに胸が痛くなります。

そのニュースを見ていた時に、韓国のTVニュース画面 が流れていたんですけど、画面の右下にワイプで手話が表示されていました。

韓国では手話については 日本より進んでいるようですね。

ほんの1.2分の時間でしたが、読み取れる単語が幾つかありました。

日本と韓国の手話は似ている部分が多くある事を実感した一瞬でした。
その理由を考えたら、また複雑な気持ちにもなりますが…

とにかく、日本のニュースにも当たり前に手話が付くように早くなって欲しいと思いました。

この事故で犠牲になった方々の冥福をお祈りします。

福祉祭りのスケジュール

YASUさんが福祉祭りの実行委員会に参加してきたので、スケジュールや、準備について話し合いました。

*スケジュール*
9:45        いでゆの会会員 会場に集合(バスで行く人は、清水町バス停を9:17発があります)
10:00~10:20 開会セレモ二ー
10:20~10:40 劇準備
10:40~11~10 劇『認知症と地域の絆』・・・・H井会長出演します!
11:20~      地域サロン活動紹介(舞台)
12:00~      昼食
13:00~14:30 舞台発表会

上記のように、舞台上から常に音が鳴り響いている状態なので、舞台発表のない昼食の時間帯を利用して、ミニ手話講習会を行うことに決まりました。
12:00~  1回目 
12:30~  2回目
1:00~   フリートークー

*準備状況*
・前日準備    YASU ・H井

・12日までに用意するもの
        ホワイトボード用ペン・・・YASU・サークル
        マグネット・・・・・・・・H本・サークル      
        名札ケース・・・・・・・MESHI
        模造紙・・・・・・・・・MESHI
        プラカードの材料・・・・K島
        ホワイトボード用字消し・MESI
        セロテープ・・・・・・・H本
        糊・・・・・・・・・・・H本
        名札本体・・・・・・・・YASU

・後何か気づいた人は、知らせてください

(H本さんが「皆でワイワイ準備すると楽しいね」って言ってた、私もなんだか文化祭のノリになってきたような~!)

・・・・・・・・・・・・・
11月の予定  12日 福祉祭りの準備
         19日 学習担当 H本・MESHI
        26日 福祉祭り準備・確認  学習担当 N嶋・K島  

・・・・・・・・・・・・・
本日(5日)学習担当 T本さんが、ニュースなどで見かける単語をどう表すか書き出しました
 結論・合意・児童公園・情報公開・公共施設・役所に抗議する・新聞広告・投票日を公示する・公式会議・非公式・小切 手・口実を考える・巧妙な手口・公式に認める・売り上げを合計する・厳しいコーチ・ココアを飲む

 フムフム、みんなどこかのニュースで聞いたことある言葉ですね~!何気なく使う単語ですね~、辞書に載ってる単語も あるけど…なかなか難しい~!

見学者あり

10月29日 
部屋に入ると、N田さんが居て 「今日の入門講座の休憩のとき、サークル見学をしたい人がいるので2,3人連れてきます」と言いました。

で、、、実際に見学に来たのは、8,9人!  嬉しいですね、興味を持ってくれく人が多いのは!
それともN田さんの営業能力が高いのか? たくさんの入部をお待ちしています~!

さて、今日はN嶋さんが「手話にかかわって感じたことを書いてきました」とのことで、それを読んで、そのあと皆で現してみました。以下 N嶋さんの文章です。(個人の意見です)

    *******
私は縁を頂き 手話サークルに入り 聞こえない方と少しは交流が出来る様になったように思います(手話)を学んで 気づいた事が沢山あります
手話には耳の聞こえない人の 喜び 悲しみ 怒り 希望が表現されて居ます でも 単に(手話)の表現技術を学ぶだけではなく(手話)に秘められた耳の不自由な人のこれまでの歴史や現在も存在する様々な問題も含め、大切に学んでいきたいと思いました。
此れからは、耳が聞こえないから可愛そう、では無く 耳の聞こえない人の問題である事を学習し、同じ権利として自分の役割を考えていきたいと思いました。
耳の聞こえない人が別の世界に居るのではなく私と同じ社会に暮らして居ると言う当たり前の事を理解して 手話が誰でも使い 聞こえない人と聞こえる人が普通に話せるようになることを願います
手話は特別なものでは有りません
本当は私たちがいつも使って居ます 身振り手振りという方法です 伝えたいという気持ちがあれば自然に手 身体が動きます 顔の表情も豊かに成ります(怒って居る時は怖い顔)嬉しい時はにこにこ^^
意思を通じ合うには手話は 手と表情で話す言葉です
会話は簡単。単語を並べれば良いのです
そして表情を付ければ 誰でも話せるもう一つの日本語です
一人でも多くの人が手話を覚えてくださることを願います
    *******

表現するのはなかなか難しい ̄!少しずづすったもんだしながら現しました~!

その後、T本さんが黒板に書いた「みんなの手話」の美術館に行った場面を二人一組で表しました。

その時N田さん率いる見学者軍団がぞろぞろ入室~!沢山の見学者に、サークルメンバーの顔が嬉しそう~!
見学者の皆さんも、のりがいい人たちのようで ひと時の盛り上がりがありました、しつこいけどみんなサークル来てね!

久しぶりです

10月22日の例会は 11月30日の 福祉祭りについて話し合いました   
出しもの ミニ手話講習会
目的   聞こえない人への理解を広める
     手話を広める
     サークルの様子を知らせる
     サークル会員を増やす
講師   T田さん、T元さん、H本さん
     そのほかの会員は、3っつのグループに分かれて補助をする
     (それぞれ担当を決めて、できる範囲で何らかの形で参加してくださいね)
昨年の反省と今年の方針
     昨年は来場者が集まった段階で講習会を始めたが、今年は講習会の時間を決めて、
     模造紙に書き張り出して知らせる、
     プラカードに書いて会場内を練り歩いて知らせる(?)
     子供の参加者は少ないので、お菓子のプレゼントはやめて、手話ややサークルについてのチラシを作り、下敷きとして使っ     てもらうようにパウチして配る
作業日程 11月12日 作業開始(いろいろ作ったり、しゃべったり、がむばってね)
      11月26日  確認日(間違えてたり、足りないものを、見つけて付け足してね)

こんな話し合いをしました。

そのあとT子さんが聾協のバス旅行の話をしてくれました。
浅草や、スカイツリー見学楽しそうでした~。 話を聞いているうちに「行きたかったな~」なんて声も聞かれました。
スカイツリーのエレベーターがすごく早くてT子さんは「何秒かで展望台に到着してしまう」と言って皆を驚かせていたけれど、今調べたら50秒でした~!雷門の提灯が修理中で、代わりに紙に提灯が描いてありぶら下がっていた(布に書いてあるらしい)という話も笑えました。

あ~ 夏休み!

夏休みをとる手話サークルもあるそうですが、「いで湯の会は」年中無休?さて7月27日は、「夏休みの思い出」というテーマでスピーチをしました。

出席者は、T子さん、Y子さん,N嶋さん、H井さん、K島さん、F田さん、T本さん、MESHIです。どれがだれの「夏の話」でしょうか?

(A)夏休みは孫がいるので、出かけませんでしたが、兄の新盆なのでお墓参りに行きました。(新盆、初盆、地域により言い方はまちまちらしいですが、手話で現すには、初めて、と新しい、のどちらがいいのという質問があり、新しい、のほうがわかりやすいようです)。 孫が飼っているカメ5匹がが大きくなってしまい困っています、誰かもらってくれませんか?(今このことが社会問題化していますよね?もちろん引き受け手はいませんでした)。

(B)友達に「一人暮らしで毎日何しているの?」と聞かれたので、手話サークルやレクダンス、そのほかいろいろな活動で忙しいと答えた、特に聞こえない人のことや手話のことについて話しました。

(C)娘が、競争率の高い試験を突破して就職できた。嬉しくて呑み過ぎて、ある失態を犯してしまった(内容はここに書くのは自粛します)。

(D)仕事が忙しい、そのうえ突然の派遣依頼の連絡が来るので自分のスケジュールが狂ってしまう。今日も仕事帰りにここに来ました。
(皆からは「頼りにされているのよ~!」と励ましの言葉あり)。派遣先で、依頼者の髪をカットしました、これは私にしかできないサービスです。

(E)仕事で忙しく夏休みはありません。子供のころ故郷では田んぼのイナゴ取りをして、佃煮にして食べました。佃煮のイナゴは、足を取る派と取らない派があるのですが、我が家は取りませんでした、時々歯に挟まりましたよ~(うっひょー想像しちゃいますねー)。

(F)小学生の時の夏休みに、箱根にキャンプに行ったことが楽しくて忘れられません。いろいろな冒険をしました。食事の定番のカレーもおいしくできました。小学生なのに上手にできたのは、家庭科の先生だった担任がホームルームの時間などを使って事前練習させてくれたからです(手回しのいい先生ですね、いい先生に巡り合えるといい思い出が残ります)

(G)友達と長野県に2泊3日の登山に行きました。1泊目は食事つきの山小屋で、2泊目は自炊です。2日目の食事はレトルトカレーです。登山専用のコンロで作ります。(みんな、キャンプと勘違いして、飯盒炊爨したのか?との質問がありました。最近はやりの山ガールではなく、学生時代はワンダーフォーゲル部の本格的な山女らしいですよ)

(H)夏休みは、いつにもまして仕事が忙しいです。観光客が来るので、夏の間はいつもと売れ筋が変わります。たとえば子や孫が帰省するとソーセージ系がよく売れたり、何回かある花火大会の日は焼き鳥がよく売れます。お年寄りには魚系が人気です。(てんぷらがよく売れる熱いお昼時は、みんなお昼にソーメンでも食べるのかな?なんて思ったりします)

サマーショートボランティア(二日目)

またまた遅ればせながら、サマーショートボランテイア二日目の様子をちょっとお知らせ。
8月14日、今日は新しく泉中から1名参加 先週からの3名と合わせて4人の中学生です。

前半は、新しく参加の泉中生への教えもかねて 先週の復習から始めました。

後半は「道案内をしてみよう」のコーナーだったんだけど、ちょっと中学生には難しかったかな? でもみんな一生懸命説明しようとしていましたよ。まあ 最後の手段としては 案内する場所が近くだったら「一緒に行きましょう」でいいかなと思う(個人の意見です)

新参加の中学生から「手話を覚えるのにどれくらい時間がかかりますか?」という質問がありました。

中途失聴のH本さんの説明では、時間がどれくらいで覚えられるかは、個人個人の勉強方法や、努力の仕方の違いがあるので一概に言えないが、聾者と友人として一年半くらい付き合えば何とか話ができるようになるのではないかなぁ~ ということです。(ふむふむ友達としてが大事なポイントですね)

ほかの聾者からは、聾学校では手話を教わっていません、学校では手話は禁止されていました。放課後寄宿舎に帰り 先輩から手話を教えてもらいました。という説明がありました。

その時私は通訳をしていたので中学生の顔がわからなかったんだけど、どんな表情で聞いていたのかな?

Y子さん(声を出して話しています)の説明の時に、ちらっと中学生の横顔を見たら、みんな話を読み取ろうと 目は真剣で口は半開き(子供が集中してる時にこんな顔をするよね)にしてくいついてました。
今回が2年目の初島中生はさすが落ち着いた表情でした。

帰り際 一人で帰ろうとしていた泉中生にT子さんが、感想を聞いたところ、「来年は3年生なのでサマーショートボランティアに
は来れないけど、これからも手話の勉強を続けたくなりました」って言ってました。

その気持ちを 心のどこかに持ち続けてほしいな~、そして何年後かにいで湯の会に参加してくれればいいな~

みんなおつかれさまでした~!

中学生がやってきた

YASUさんが写真をアップしてくれていたサマーショートボランティアの様子を少しお知らせします。
サマーショートボランティアの行先はたくさんあります、わが娘は「点字」「小規模授産所」に行ったような思い出があります。なんといっても女子人気は「保育園」らしくて抽選でしたよ。 そんな中から「手話」を選んでくれて嬉しいですね!

福祉会館5階の「いで湯の会」例会が行われる部屋で10時から12時まで中身の濃い活動が展開されました。

「耳の聞こえない人から話しかけられたら、どうしますか?」の質問に中学生から「身振りで何とかする」「紙に書いて話す」との返事がありました.パチパチパチ大正解です、「困って逃げる」なんて言う返事がなくてよかったです~。

そのほかのコミュニケーション方法として、「手話」「空書き(空中に指で字を書く)」「口話(口の動きを読み取る)」などがあることを中学生に知らせました。

中学生から「自分が話しかけた人が、聞こえない人だと気が付いついた時にはどうしたらよいですか?」との質問がありました。(いい質問です、パチパチパチ~)

どうしたらよいか、聞こえない人に答えてもらいました。
A 声をかけてもわからないので肩をトントンとたたいてください、そうすれば気が付いて、「私は聞こえません」と返事をします(発音ができる人です)

A 前に回って目と目を見合わせて話してください、口話を読み取ります、声を出して返事をします

A いつも書くものを持っているので、それを出しますから筆談してください
など聞こえない人一人一人の状態ににあったそれぞれの方法でした。

聞こえない人専用の目覚まし時計を見て、興味深そうな中学生でしたが、その値段を聞いて自分たちのものより高くてびっくりしてました。「沢山作って皆に売れば安くなるのに」と市場原理を説く中学生もいました(すばらしい)。でも、この時計は市の福祉課に申し込んで購入するもので、聞こえない人の収入に合わせて値段が決まるのだと教えてもらいました。

休憩をはさんで、本日の目標の「自分の名前を手話と指文字で表そう」のコーナー!
中学生一人に、聞こえない人と、補助のサークルメンバーがついて、手取り足取り教えました~!

若いって素晴らしい!覚えるのはやい!あっという間に、学校名と学年、姓名を表せるようになりました~!(入門講座の皆さん負けないで~!)

中学生のみんな来週もがんばってね
 

熱海ビール祭り

報告が遅くなりましたが、8月2日今年も熱海ビール祭りに「いで湯の会」で繰り出しました。参加者は15人でした。

怪しい空模様の中、熱海親水公園に集合、集合場所はWCの側、においそうな場所がなぜ待ち合わせ場所かというと(実際はにおいませんよ)、手話で話すのに大切な条件「皆が目を合わせて話せる」円形テーブルの席がWC側に設置されているからです。

今年は少しワクワク気分のビール祭でした。お客様を迎えました、手話通訳士のY口さんとH野さんが遊びに来てくれました。お二人が楽しんでくれたかはちょっと不安ですが、T子さんは自由に話ができてた~くさんしゃべっていましたよ!自分の話を遮ることなく聞いてくれて,嬉しかったようでした。
参加してくれたお二人本当にありがとうございました!

そんなやり取りを見ながら、飲めない私はたくさん食べました.揚げワンタンに巻きずしにお稲荷さん、枝豆にげそ焼き、焼き鳥、焼きそば、手羽先、ソーセージ,その他いろいろ~。参加したみんなも十分飲んだり食べたりできたでしょうか?

皆の行いがいいのか、怪しかった空模様も何とか解散までもってくれて(途中参加のK島さん情報によると、湯河原はザンザン降りだったそうです)解散のころにパラパラ降ってきました。

今年参加できなかった皆さん、来年を楽しみにしてください!

コミュニケーションから意思疎通へ

7月30日の例会で 「障害者自立支援法」の柱の一つである「地域生活支援事業」の中の「コミュニケーション支援事業」が、4月1日から「意思疎通支援事業」に変わりました。と、勉強会に参加してきたHさんから報告がありました。

コミュニケーションと意思疎通ってどう違うんでしょうか?、などと思っていたら、厚労省から県や政令指定都市の担当部所宛のお知らせ、を見つけたので私なりに解釈してみた。

4月1日から「障害者総合支援法」が実施されます、今までは手話通訳等の派遣,養成について、県と市町村の役割分担が明確ではなかった。広域的な派遣についても、都道府県の関与が明確でなかった。これらをはっきりさせるために意思疎通支援の強化を図る。のだそうです。

手話通訳と要約筆記者の派遣は、市町村の必須事業になります。県は市町村相互の連絡調整を経ても派遣実施できない時に、派遣実施をする。

県の必須事業は「専門性の高い意思疎通支援を行う者の派遣」「意思疎通支援を男行うもの(手話通訳者、要約筆記者」の派遣に係る
市町村の相互の連絡調整」なんだそうです。

「専門性の高い意思疎通支援」ってなんだろう?って思ってたら、裁判や警察関連などの通訳などのことらしいです。
チョットあやふやな解釈ですが間違っていたら指摘をお願いします。

参加者増えた

毎年熱海こがし祭り(7月15日16日)が終わると梅雨が明ける熱海ですが、今年は早々と梅雨明けしたのに天候が捗々しくなく体調不良です。皆さんはどうでしょうか?

23日の例会では、YASUさんが記事アップしているように サマーショートボランティアについて話し合いました。昨年はたった一人の参加者だった中学生が、今年は延べ8人(1日参加者と2日間参加者がいます)に増え、初島中学校からは 昨年参加の生徒がまた参加し、さらに後輩も参加します。きっと昨年の内容がよかったんだと思いますよ~(パチパチ~)

今年のサマーショートボランティアの内容をどうするか話し合いました、2年連続での参加者もいるので、昨年と同じというわけにはいきませんから,皆の意見を参考に 内容を考える会長Hさん、大変ですが頑張ってください!

相談が終わってから、昨年行った「カードに書いた漢字を組み合わせて名前を考えようゲーム」を皆でやってみました
カードに 山 田 川 などの字が一文字ずつ書いてあります、これを使って名字を考えます。(日本人の名字に使われる頻度の高い漢字が書いてあるそうです、細かい心配りです、Hさん)

初めは普通の名前を組み合わせていたんだけれど、そのうち芸能人とか有名人の名前にシフトしてきましたよ~。なぜかちょっと昔の有名人続出! 私が「小野田」と組み合わせて敬礼のポーズをしたら、皆すぐ分かってくれたんだけど、比較的若いY子さんだけキョトンとしていたのには 世代の差を感じました。(あなたは、これがわかる世代?わからない世代?)

サマーショートボランティア楽しくできますように!